18歳でも借りれる・貸してくれる所(未成年でも借りれる?)

大概の消費者金融はお金を借りる際の申込みの条件として年齢を20歳以上と定めています。

また、一定の収入があれば未成年でも相談が可能という金融機関もあるようですし、18歳以上の未成年でも学生であれば良いというところもあります。
しかし学生ローンなどでも、20歳以上の学生が対象になっているところがほとんどです。18歳以上であればクレジットカードを作ることはできますが、基本的にローンを組んだりなどの借入れはできないようになっている所が多いようです。

そして未成年でも可能と言っているところでも、16歳とか17歳では若すぎて対象にはなりません。
未成年で結婚している場合でも、やはり満18歳以上でないと成人扱いにはなりません。

繰り返しになりますが、消費者金融会社は申込みの条件の一つとして年齢を満20歳以上と定めています。
これは成人であり社会人であれば、仕事や職について収入を得ることができます。したがって借金の返済能力があるということで、これが貸し出しの無形の担保になっています。

未成年でも大学生ならアルバイトをしていて収入がある方も多いと思いますが、20歳未満である以上保護者の監督下にありますので、本人自身が借入れ等をするのは難しいでしょう。保護者が保証人になることで借りれる場合もあるかもしれません。

関連記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR